夜勤専従パートは子育てナースには難しい?

子育てしながら仕事をすることが本当に大変ですよね。

 

突然熱を出したり、怪我したり、ぐずったり、わめいたり。長い目で見ると一時期なんですが、体力と忍耐力の勝負ですよね。

 

夜勤専従パートは病院にもよりますが、2交代制のシフトの場合、17時頃〜翌朝9時までが勤務時間になり、夜間にお子さんを預けることが出来れば可能ですよね。

 

お子さんが寝ている間に仕事をするので、お子さんが小さいのであれば、日中は一緒にいられます。

 

また、定期的な病院通いがあるお子さんの場合、お母さんが日中動けると助かりますよね。

 

日勤をしていたけれど、子どもがよく熱を出したりして急な休暇を取ることが多く、日勤が難しくなり、旦那様が面倒を見てくれる夜間に働くことにした方もいますよ。

 

夜勤専従パートを雇っている病院の中には、24時間対応の院内保育園を設けている病院もあって、子育てしている職員のための夜勤サポートを充実させて、より良い労働環境を目指しているようですよ。

 

院内保育園であれば、何かの時にはすぐに行けますし、出勤する病院でお子さんを預けるわけなので、送り迎えも楽です。お子さんが小さいうちは本人がまだ分からない分、預けやすいし、動きやすいかもしれません。

 

夜勤の業務内容は病院によって様々ですし、給料や休暇についてもそれぞれなので、ご自身の生活にあった条件かどうかはよく調べた方が良いですよ。

 

日勤と夜勤のある働き方だと、どうしても体のリズムが崩れがちですが、夜勤専従だと働く時間が決まっているので、慣れれば、逆にリズムは良いかもしれません。

 

子どもが小さいうちは夜ぐっすり眠れない、と子育て中のお母さんたちからの声がありますが、夜勤専従だと子どもと離れて夜を過ごせ、一人になった自分で働くことになるので、また良い気持ちの切り替えになるみたいです。